「エバーレッズ」まさに電球。というLEDの実力は?


パナソニックから、全方向(約300度)に明るいLED電球、

EVERLEDS LDA7LG [電球色]

EVERLEDS LDA7DG [昼光色]

が新発売されましたが、先日、現物を見てきました。

ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!

口金:E26 全光束:390lm 光色:電球色相当 定格寿命:40000時間 外径×長さ:60x112mm

LED電球欠点の一つに、白熱電球のように光が広がらない違和感がありました。

オール電化は施工の専門家に聞いてから買うことです。住宅電化アセッサーのカイテキ!オール電化生活

従来品には、ランプグローブにムラがあります。


今までのLED電球は、広がりの角度が約120度と狭いためです。

だから、ダウンライトやスポットライトなどの器具にだけ向いています。

私の家のリビングでも、去年の5月から今もシーリングにLEDとミニクリプトン球を交互につけているので、その差が判ります。

             まさに電球。というLED電球誕生。

            白熱と従来品LEDを交互に取り付けています。

ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!

LED(左)とミニクリプトン球(右)


確かにランプの後方は暗いですね。


でも、私の家族の意見ですが、後ろが暗いのも意外とアジがあっていいね!とも言います。

この器具に限って言えば、ランプグローブ(ガラス)の光の当たり方がグラデーションぽくなっていることが結構きれいなので、違和感を感じないという事なのでしょう。

このリビングにLED電球記事はこちらです。

「LED電球をリビングに使おう!」


パナソニックの、全方向(約300度)に明るいLED電球は、この違和感を解消しました。

いろいろと使用できる範囲が広がった感がありますね。

写真のように、光ムラはほとんど感じませんでした。(^^♪

オール電化は施工の専門家に聞いてから買うことです。住宅電化アセッサーのカイテキ!オール電化生活

ですが、残念ながらちょっと明るくありませんしょぼん

従来品のパナソニックLDA6LE17と同じ明るさ(全光束390ルーメン)で、配光角を拡げたのだから当然ではありますが、白熱電球30W同等程度の明るさに留まっています。



390ルーメンという全光束値自身はLED電球の中ではハイレベルですから、この数値を劇的に向上させるのは難しいと考えます。

その最大の理由は「熱」との兼ね合い。

無理して明るくすれば発熱量が増えますので、LEDは著しく寿命が短くなります。

私の知識では80℃が限界です。ですから、このLED電球は60~70℃位で抑えていると思います。

多分、しばらくは明るい広配光角のLED電球は出てこないでしょう。



30Wの電球を使っていた方には問題なくオススメですね。4万時間の寿命は魅力です。

ウッドデッキプランナーのカイテキ手作り生活!

オープン価格ですが、実売2,600~3,300円程度でしょう。



__________________________________

本関連記事を読む

まさに電球。というLED電球誕生。

LED電球をリビングに使おう!



↓ふたつのランキングに参加しています。

↓いつもポチッと申し訳ございません。
にほんブログ村 インテリアブログ 手作りインテリアへ



craftmans

商空間やインテリアのPM(プロダクトマネジメント)が専門。趣味でDIYアドバイザーや住宅電化アセッサーの資格を持ち、DIYノウハウや新しい店舗情報などをブログに綴っています。 週末はDIYと買い物と食べ歩き。 DIY/手作りウッドデッキ/IKEA/台湾/伊豆七島 新島/社会起業家/ラブラドール/北海道釧路市出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です