木製ゴミ箱のメンテナンス


 

以前に製作した、「ゴミ箱のゴミ箱」も約10年間経過して、風雨に晒されてかなり傷んできました。

特にフタはかなり侵食していたので、木部分を交換することにします。

材料は、SPF材です。

ホームセンターでは一番安価な木材です。屋外ではあまりおすすめできる材料ではありませんが、これでまた10年持つのであれば、高額なレッドシダーなどを使用しなくても良いと判断しました。

 

ただ、反りやねじれ、フシが多すぎる様なSPF材も少なくないので、ちゃんと選別して購入しましょう。

 


フタになる板材は、わざと少しだけ長め(2~3cm)にして作ります。

 

理由は、組立ててから長めの部分をカットして、フタの木口をキレイに揃える為。

このほうがフタの寸法が簡単に揃いますので。

 

 

 

 

 

 

塗料は、ウッドデッキにも使用していた水性塗料。

たっぷりと乗せるように塗ります。

ボックスの方も同じ塗料で塗り増しです。塗料の残りはいつもこれを塗っているので、かなり色が濃くなっています。

 

フタの色がまだ薄いので、後でもう1~2回塗り増しすることにします。

緑色の部分も後日塗りました。

 

これでまたしばらく使えますね。

 

 

craftmans

商空間やインテリアのPM(プロダクトマネジメント)が専門。趣味でDIYアドバイザーや住宅電化アセッサーの資格を持ち、DIYノウハウや新しい店舗情報などをブログに綴っています。 週末はDIYと買い物と食べ歩き。 DIY/手作りウッドデッキ/IKEA/台湾/伊豆七島 新島/社会起業家/ラブラドール/北海道釧路市出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です