ウッドデッキのメンテナンス2


屋外にある木製の物置やウッドデッキの問題点は、一番に「腐食」です。

紫外線や雨水などからだけでなく、虫やカビ・コケなどからくる腐食もあります。
せっかく作ったのに、これらの原因で数年でダメにならないよう、塗装によるメンテナンスは欠かせません。

木製物置 メンテナンス前

見た感じは、あまり傷んでいない様に見えますが、

水をかけても全く撥水せず、全体的に色あせています。

 

施工中

初めて使用する、水性の塗料。

匂いが気にならなくて快適です。

 

メンテナンス後

天気の良い日でしたので、塗っているそばから乾いていきました。

乾きが早すぎると色ムラを起こす可能性があります。

実際、取っ手付近が色ムラとなってしまいました。

 

ウッドデッキにもしっかりとメンテナンス。

塗装前

塗装の順序は、上部から塗っていくことが常識ですね。

屋根→柱・壁・物置→床 という感じで。

 

塗装後

艶が蘇りました。水を掛けても染み込まずに撥水されています。

craftmans

商空間やインテリアのPM(プロダクトマネジメント)が専門。趣味でDIYアドバイザーや住宅電化アセッサーの資格を持ち、DIYノウハウや新しい店舗情報などをブログに綴っています。 週末はDIYと買い物と食べ歩き。 DIY/手作りウッドデッキ/IKEA/台湾/伊豆七島 新島/社会起業家/ラブラドール/北海道釧路市出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です