銀座「鰻 ときとう」は、ミシュラン☆を目指せる理由があった。


関東で「うなぎ」と言えば、

ミシュラン星 鰻専門店、南千住「尾花」か東麻布「野田岩」が両雄と言います。


「野田岩」の五代目 金本兼次郎氏は、80歳を過ぎた現在でも現役で調理場に立ち、平成19年(2007年)厚生労働省より「現代の名工」に認定され、平成25年(2013年)にはNHKプロフェッショナル仕事の流儀に取り上げられるなどした「生涯一職人」と言わした名店である。

その「野田岩」で16年、修行して金本氏から№2とまで言わせた職人が、自らの名前を店名に冠して銀座のど真ん中に初出店された。

その名は、”銀座ときとう”

時任さん。31歳。お若いです。

15歳から野田岩で修行。朝の3時から夜の11時すぎまで毎日、伝説の親方に仕込まれて、いつの間にかその親方に次ぐ「野田岩ナンバー2」になっていたと言います。

 

焼きの極意は、全て体が覚えてる。

俺の~を運営する「俺の株式会社」さんが、時任氏のためにミシュラン☆を目指す器を用意してくれました。


とても落ち着いた雰囲気の、空間です。

1本無垢の5mを超えるカウンターも設置されています。

カウンター越しに料理人さんと会話をするのも楽しそう。

そんな”ときとう”さんのお店で、うなぎが大好物な家内にその技を味わってほしいと思い、


突然、「今から3名で行きます。」

と伝えて伺った。

 

1人前当たり、2本半!うなぎを使用する「鰻懐石」7000円を堪能


うざく:
ちょうど良い加減の酸っぱさ。うなぎの味を損なわない上品さ。


すっぽんと鰻の滋養]小鍋:
お出汁が美味しすぎる一品。すっぽんとうなぎもさることながら、お腑が感動。


白焼き:

「尾花」のようなふわふわ感だけでなく、1時間も蒸した後に表面をパリッと焼いています。中はふわふわで外はパリッと香ばしい。ふたを開けた時のうなぎらしい香りが気持ちよかったです。



八寸:
からすみ、鴨肉、鰻の煮凝り、縞鯵、レモン水で炊いた甘薯、枝豆、きのこなどすべてに目をむきました。特に煮凝りはおかわりしたい。
からすみの塩加減が他の料理を引き立ててくると感じました。


うな重または蒲焼:重箱は輪島塗の特注品とのこと。
絶妙な鰻の焼き加減に家族全員感動です。


万遍なくキレイに焼き上がり焦げムラがない。ごはんとタレと鰻が見事に両立。

さすが、野田岩の№2だった人です。
あっという間に食べ終わってしまいました。肝吸いと漬物も一味違う満足感です。


抹茶:締めの抹茶というのを初めて頂きましたが、砂糖漬けの生姜と併せてさっぱり感があり、よい気持ちでした。

 

 

 

 

とてもお得感がある懐石コースです。

それもそのはず、俺の株式会社さんの運営店舗なんですから。

家族全員が大変満足できた夜でした。

お店の方の丁寧な対応が印象に残りました。

craftmans

商空間やインテリアのPM(プロダクトマネジメント)が専門。趣味でDIYアドバイザーや住宅電化アセッサーの資格を持ち、DIYノウハウや新しい店舗情報などをブログに綴っています。 週末はDIYと買い物と食べ歩き。 DIY/手作りウッドデッキ/IKEA/台湾/伊豆七島 新島/社会起業家/ラブラドール/北海道釧路市出身。

2 thoughts on “銀座「鰻 ときとう」は、ミシュラン☆を目指せる理由があった。

  • 2014年10月7日 at 9:57 PM
    Permalink

    1. 無題
    うなぎが大好きです。
    よい情報をありがとうございました。
    早速年内に一度うかがいたいと思います。
    またDIYもすきなんですよ~
    実家の壁塗りとかやりました。
    またこれからもブログ楽しみにしていますね。
    ありがとうございます。
    http://ameblo.jp/pua-pua-salon/

    Reply
  • 2014年10月7日 at 10:12 PM
    Permalink

    2. Re:無題
    >三鷹・吉祥寺の肩こり解消 ・リフトアップならセラピスト川本さん
    コメントありがとうございます。
    日によっては天然ウナギも入荷しているそうなので、私もお財布の中身と相談しながらまた伺いたいと思っています。
    http://ameblo.jp/craftmanship/

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です