年末最後の築地市場はお得でいっぱい!


とうとう今年最後の築地市場となりました。

来年の今頃は、新豊洲市場と生まれ変わりので、年の瀬の築地もこれでお別れ。

豊洲市場では、一般の人たちの買い付けが可能なのかどうか?

マグロ仲卸の友人に聞いても「判らない。」と言います。

年末の恒例としている魚の買い出しを、これからも続けさせてほしいと切に願います。

 

「魚がし横丁」にある、丸山海苔店。

ミシュラン★★★寿司店に数多く納めている名店。

こちらの「こんとび」は銘品です。

築地市場4

こちらもちゃんと豊洲に移るのでしょうか?

魚がし横丁には、安くておいしい名店がたくさん。

「寿司大」などは4~6時間待ちも当たり前となってしまいました。が、みんな豊洲に移転するのか不安です。

魚市場は最後の活気に溢れていました。

築地市場9

まるで貝がらのように見えますが、大きさが全然違います。

ぜんぶマグロの兜(あたま)です。

今年は、毛ガニを多く見かけました。

お値段も手頃。

築地市場2

手に持っている毛ガニは、1300円でした。

そこそこ重みがあって、お尻が上がっている上質品です。

やはり場内はコスパが高いです。

来年も豊洲でお会いしたいものです。

craftmans

商空間やインテリアのPM(プロダクトマネジメント)が専門。趣味でDIYアドバイザーや住宅電化アセッサーの資格を持ち、DIYノウハウや新しい店舗情報などをブログに綴っています。 週末はDIYと買い物と食べ歩き。 DIY/手作りウッドデッキ/IKEA/台湾/伊豆七島 新島/社会起業家/ラブラドール/北海道釧路市出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です