DIYパーゴラに木製格子を取り付ける。


ようやく、パーゴラの骨組みが出来上がり、これらに肉付けとして格子をDIYすることにします。

1-P1110444

 

 

天高が2800㎜もあるので、気持ち良い開放感がありますが、このままでは隣地との間も何もなく開放感がありすぎです。

 

フェンスを設けて、互いのプライベートを守るようにします。

 

 

 

 

 

材料は、デッキと同じ「イタウバ」。

ですが、この材はかなりのクセがあります。

%e7%b8%a6%e6%a0%bc%e5%ad%90%e3%82%a6%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad3

歪んだ材料が多くあって矯正する手立てが必要ですが、イタウバ材は20~30年腐らないと言われるほどのとても硬い丈夫な木材です。

簡単には曲りの修正をすることは出来ません。

 

ステンレス Lアングルを用意しました。

1-%e7%b8%a6%e6%a0%bc%e5%ad%90%e3%82%a6%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad

これで、イタウバ材の曲りを矯正します。

Lアングルにビス穴を2か所ずつ開けて、しっかりビスを打ち込みます。インパクトドライバーが軽快にタンタンタンと音を立て、ビスがイタウバ材にきしみながら打ち込まれて歪みが矯正されていきます。

インパクトドライバーがなければこの作業はできない芸当です。

 

約1200㎜間隔でLアングルを付けました。

イタウバの曲りは、かなり矯正されましたが完全に直ってはいません。

%e7%b8%a6%e6%a0%bc%e5%ad%90%e3%82%a6%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad6

ゆがみは許容範囲にまで修正されたと思いますので、このまま取り付けることにしました。

全部で63本。長さは2400㎜です。

1-wood-deck1ほどよい感じで、隣地との境界が出来ました。

 

防犯の上では、完全に目隠しをしないことが大切だと考えます。

4-wood-deck

これで、ようやくDIYウッドデッキ作業の山場を過ぎた感じです。

 

craftmans

商空間やインテリアのPM(プロダクトマネジメント)が専門。趣味でDIYアドバイザーや住宅電化アセッサーの資格を持ち、DIYノウハウや新しい店舗情報などをブログに綴っています。 週末はDIYと買い物と食べ歩き。 DIY/手作りウッドデッキ/IKEA/台湾/伊豆七島 新島/社会起業家/ラブラドール/北海道釧路市出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です