停電時、太陽光発電は使える?使えない?どう使う?


東京電力の計画停電の実施を受け、

太陽光発電システムの導入を俄かに検討し始めた方が増えてまいりました。

 

太陽光発電さえあれば、計画停電の影響もなく安心して電気が使用できるから、費用対効果を知りたい。

というお問合せが当社にも舞い込んでおります。

ご注意ください。

停電時

太陽光発電発電中の時であっても、IHクッキングヒーター等は使用できません

なぜ?

太陽光発電システムは太陽電池からの電力と、電力会社からの電力を連係させて家庭内に供給します。

通常、電力を調整するパワーコンディショナー(パワコン)が電力会社からの電力で動作しているため、停電時は太陽光発電システムも停止してしまいます。

したがって、

停電時は、電気を売ることも出来なければ、使うことも出来ないのです。

これでは、困りますね。

そこで、各メーカーとも太陽電池の電力からパワコンを動かす「自立運転モード」という停電時対策用の機能が付いています。(古い機種の場合、この機能がないものもあります)

脅かしてごめんなさい。ニコニコ

昼間(発電中)でしたら、100V1500Wまで使うことが出来ます。

三菱の場合、パワーコンディショナーの下面に格納されています。

 

自立運転は、

・停電時でも陽射しがあればパワコンを動かして発電電力を得られます。

・パワコンのコンセント1箇所から100Vで最大1500Wまで取り出せます。

・朝夕や曇り空の陽射しの強さに応じて自動的に運転または停止します。(メーカー・機種による)

・停電が復帰したときは、運転切換スイッチを「連系運転」に必ず手動で戻してください。

・連系運転に戻すタイミングは、太陽電池が発電しているときに行わないとエラーが出る場合があります。

・自立運転では余った電気を電力会社へ売ることは出来ません。

「自立運転機能」は手動での切り換え操作が必要です。

覚えれば簡単ですが、通常運転に戻すタイミングが夜では無理だったりしますので、少々面倒です。

 

あくまで、非常時に使用できる電源だとお考えください。

100V15Aのコンセントが1つだけですから、当然、200VのIHクッキングヒーターやエアコンは動きません。

冷蔵庫・掃除機・洗濯機など、モーター付きの電化製品は始動時に10倍近くの電力を必要とする場合がありますので、通常の消費電力が1500W以内であっても使えないことがあります。

 

メーカーによっては、停電時に自動で自立運転に切り替わる機種もあります。

が、ほとんどの機種が手動です。

 

ですから、各メーカーの停電時の使用に関する案内HPをよくお読みになってご利用ください。

↓各メーカーの自立運転の使い方HPはこちら

三菱

パナソニック

サンヨー

京セラ

シャープ

東芝

長州産業

サニックス(現代)

ホンダソルテック

サンテック

カナディアンソーラー

 

自立運転の手動は、少し不便だと感じてます。

しかし、災害時であれば考え方が大きく変わります。

1500Wあれば、携帯電話の充電テレビ・ラジオを付けて、正しい情報を得る事が充分にできます。

家庭用の蓄電バッテリーを持っていれば、スタンドライトや投光器なども夜間に点灯することも可能です。



 

そのためにも延長コードを用意しておくと良いでしょう。

ホームセンターなどで売っている建築用のものなら、10m~20mと長くて丈夫です。

延長コードは15Aと記載している、10m以上のものを選びます。(10mで、1,200~1,600円程度)

 

 

 

 

 

太陽光発電システムの自立運転は

災害時においては、とても心強いものだと本当に思います。

 

また、蓄電システムが今回の震災によって、急務だとの声が高まっていますので、今後、太陽光発電+蓄電で家庭のエアコンやIHクッキングヒーター、夜の照明も安心して利用できる日が近い将来には来るのではと感じます。

craftmans

商空間やインテリアのPM(プロダクトマネジメント)が専門。趣味でDIYアドバイザーや住宅電化アセッサーの資格を持ち、DIYノウハウや新しい店舗情報などをブログに綴っています。 週末はDIYと買い物と食べ歩き。 DIY/手作りウッドデッキ/IKEA/台湾/伊豆七島 新島/社会起業家/ラブラドール/北海道釧路市出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です