クアラルンプール最大の夜景。が観えるというバーに行ってみたら、


社員旅行でマレーシア クアラルンプールに行ってまいりました。気温37度 11月は雨期らしく毎日お昼すぎると雲が掛かりだして大粒の雨が1~2時間ほど降ってきます。クアラルンプール

毎年の恒例ではありますが、徐々に参加人数も増えてきており会社の一大イベントに成長。

みんながとても楽しみにしている旅行に育っています。

 

クアラルンプールといえば、このツインタワーがランドマーク。

ツインタワー6

 

ペトロナスツインタワー

建設当時は世界一の高さを誇るビルでした。

日本と韓国のゼネコンがそれぞれ1本ずつ建築しました。

 

 

 

 

クアラルンプール ツインビル

クアラルンプール最大の夜景スポットと言われている、

トレーダスホテル最上階 スカイバー

このような写真が撮れるのは、スカイバー内のプールサイドにあるソファ席のみ。

スカイバー2

 

Skybarの店内にはプールがあります。

 

マレーシアはイスラム圏なので、お酒を飲む人の大概が外国人なんですね。

店内は世界中の外国人で埋め尽くされており、とてもアジアとは思えない雰囲気。

そして、誰もがこの席をキープしたがっていると言います。

窓際のソファー席は8テーブルほどしかありません。

 

日本でもこのスカイバーからの夜景は有名らしく、頻繁にガイドブックには紹介されています。

予約なしでこのシートを確保するのは無理だそうです。

1-Skybar

でも、金曜日の夜にもかかわらず10名が予約なしで来店。

最初はハイテーブルの席に座っていたのに、途中からお店のスタッフがこの窓際ソファシートに移らせてくれたんです!

みんな大喜び!!

知らないというのは恐ろしいことで、後で現地ガイドさんにこの話をしたところ「あなた達はとってもラッキー。なぜなら、世界中の観光客がそのシートを事前予約しているよ。」とのこと。

このソファ席の窓の上は、なんとガラスがありません!じっくりと外の空気を感じて生夜景を楽しめます。

夜のライトアップは、まさに絶景。

 

ほんとに楽しい夜を過ごせました。

会社のみなさん、ありがとう。

craftmans

商空間やインテリアのPM(プロダクトマネジメント)が専門。趣味でDIYアドバイザーや住宅電化アセッサーの資格を持ち、DIYノウハウや新しい店舗情報などをブログに綴っています。 週末はDIYと買い物と食べ歩き。 DIY/手作りウッドデッキ/IKEA/台湾/伊豆七島 新島/社会起業家/ラブラドール/北海道釧路市出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です