日本経済新聞に載った身内と仲間たち


2012年3月21日 日本経済新聞(夕刊)社会面にこのような記事が載りました。

「大学教科書集め途上国を支援」

学生社会起業団体 STUDY FOR TWO(スタディ・フォー・ツー)の国際貢献事業の活動記事です。

とても単純なひらめき発想とアイデアという小さな原石を、身近な仲間に発して賛同者を集め出し、ヒト・モノ・カネすべてがゼロからのスタートでありながら、今現在では参加57大学で約500名のメンバーが活動していると言います。

記事によると、全国の4割以上の大学に活動を広げて、国際貢献をしていくのが目標とのこと。

この志に賛同する協賛企業も、マイクロソフト、エイチ・アイ・エス、ぺんてるなど、名のある企業が参画してくれています。

実はこれ、私の息子が起こした学生社会起業団体です。

 

そもそも、「学生社会起業」ってなんでしょうか?

学生の社会起業家
(ソーシャル・アントレプレナー)のことを指すのだと思いますが、

いわゆる無償で貢献する「ボランティア」ではなく、「企業」のように事業を行い、その収益を得ることで社会の貢献を行う手法を言うようです。

社会起業家は、社会に変化を起こす人(チェンジメーカー)と呼ばれ、社会の問題を事業をすることで解決していく人たちのことを言うようです。

例えば、私の知る社会起業家(チェンジメーカー)と言えば・・・

・サッカー元日本代表中田英寿さんも強く参画している小暮直久さんの「TABLE FOR TWO」(20円で世界をつなぐ仕事)

・バングラデシュのノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行のムハマド・ヌアス氏

・フリー百科事典「ウィキペディア」の創設者、ジミー・ウェールズ氏

・地雷を探す訓練をしたネズミを用いることを提唱したAPOPO

そして、このような彼ら(約2000人)をアショカフェローと呼んで支援しているソーシャル・アントレプレナーの父、ビル・ドレイトン氏です。

国境なき医師団」や「国境なき記者団」、フェアトレード認証機関の「マックスファベラー」もチェンジメーカーと言えるでしょう。

 

学生だからといえども、事業をするわけですから甘えは当然許されません。公共のメディアでこのように報道されるということは、社会に期待をされているという責務の証であると思うので、これからも謙虚な気持ちで仲間たちと一生懸命楽しく頑張ってほしいと願います。

いろいろなたくさんの人たちと出会い、仲間を作っていくということは、自分の人生においてとても大切な財産になるのではないでしょうか。親である私も、覚悟を持って陰ながら応援したいと思っております。

 

人は考え方を変えれば、

社会が変わる。

byクラフトマン石橋でした。

 

↓このランキングに参加しております。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ

クリックを頂けると励みになります。

関連記事:

身内のラジオ出演

学生社会起業団体「STUDY FOR TWO」が注目される理由

 

※この記事は、2013年3月にアップしたものをリメイクしました。

craftmans

商空間やインテリアのPM(プロダクトマネジメント)が専門。趣味でDIYアドバイザーや住宅電化アセッサーの資格を持ち、DIYノウハウや新しい店舗情報などをブログに綴っています。 週末はDIYと買い物と食べ歩き。 DIY/手作りウッドデッキ/IKEA/台湾/伊豆七島 新島/社会起業家/ラブラドール/北海道釧路市出身。

7 thoughts on “日本経済新聞に載った身内と仲間たち

  • 2012年3月24日 at 9:34 AM
    Permalink

    1. 無題
    息子さんの活動、すてきですね!
    こういう活動をしようと思われた
    きっかけ(目覚まし時計とか言いますよね?)は
    何だったのでしょう?
    http://ameblo.jp/toropeach/

    Reply
  • 2012年3月24日 at 10:32 AM
    Permalink

    2. 無題
    楽しみなご子息ですね!!

    きっと、クラフトマンさんご夫婦の育て方が子供さんの生き方を活き活きさてるんでしょうね!!

    協賛企業さんももっと増えてこの活動は成長していって欲しいと思います★
    http://ameblo.jp/ryon-nyan-daifuku/

    Reply
  • 2012年3月24日 at 7:27 PM
    Permalink

    3. Re:無題
    >ねむりうさぎさん
    高校生の時に早稲田塾主催の経済プログラムでほめられて、タダで香港に連れて行ってもらったこと。
    これで、自信がついたのかなと。

    そして、家内が教科書の中古本販売のアイデアをぽろっと夕食中にこぼしたことが、本人にはビビッと来たのではないかと思っています。

    もともと何かを自分で起こしたいとは思っていたようですが。o(^-^)o
    http://ameblo.jp/craftmanship/

    Reply
  • 2012年3月24日 at 7:33 PM
    Permalink

    4. Re:無題
    >だいふく★さん
    ウチはビンボーだから、子供には何にも残せない。と常々言っていたのが良かったのかも知れませんね(笑)

    おかげで、お金のことに関してはとても厳しいです。(;^_^A
    http://ameblo.jp/craftmanship/

    Reply
  • 2012年3月29日 at 9:18 AM
    Permalink

    5. 期待してます!
    これからもどんどんアイデアが出てきそうですね!
    やっぱり、ご両親に似てるのかも。
    息子さんたち、世の中を変えて行ってくれそうで
    頼もしいです。
    できれば、どーしようもないダメフランスも変えて欲しい。あ、国が違う、すみません。
    http://ameblo.jp/lune-paris/

    Reply
  • 2012年3月29日 at 10:11 PM
    Permalink

    6. Re:期待してます!
    > パピヨンさん
    ほんの少しだけ海外に行って、自分の置かれている環境や立場を感じ取ることが出来たのが、彼にとっては良かったのかも知れません。
    ありがとうございます。

    で、ウチにはもう一人彼の妹がいるのですが、これがガンコな娘でして、手を焼いています。

    今の時代は日本だけ見ていてもしょうがない、もっと世界に目を向けようと留学など薦めているのですが、全くの無視デス。
    パピヨンさんのように世界に羽ばたく知的な女性になって欲しいのですが、どうしたモノでしょうねヽ(;´ω`)ノ
    http://ameblo.jp/craftmanship/

    Reply
  • 2012年4月2日 at 7:44 AM
    Permalink

    7. 無題
    りっぱな息子さん!
    自慢の息子さんですね!
    信念を貫き、信じていれば、道は開けるんですね
    http://ameblo.jp/izmso481/

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です