引越にIKEA PAXは不向き?!でも、しっかりリユースしよう。


4-IMG_9863

 

IKEAの家具は大きくて便利なのですが、その大きさが仇となって引越の時には意外と負担になってしまうことがあるようです。

例えば、我が家のこのPAXも引越し屋さんではこの組み上がった状態では運び出せないと言われました。

大きすぎて、ドアから外に出せないのでした。

ここは、しっかりと分解して持ち出すしか方法がない。それも出来れば自分で行う(DIY)ことをオススメします。

分解・組立は、引越し屋さんが行ってくれる事もありますが、不慣れな人が多くて大変な時間を費やし、夜遅くまで引越が終わらないことになったりするからです。

 

 

 

2-IMG_9855

 

使用する道具は、ゲンノウ、プライヤー、ドライバーとインパクトがあればかなり楽です。

 

3-IMG_9860

 

 

 

 

組立説明書を分解時は、終わりから見ながら進めていくのが、正しい分解方法です。

説明書を保管していなければ、IKEAのホームページからダウンロードすれば良いです。

 

ipadにダウンロードして利用しました。

 

 

パーツ類は、組立時に迷わないようにする配慮から、ひとつひとつ取り外して行きながら部位ごとに分類して梱包しましょう。1-IMG_9857

1-IMG_9852

 

 

新居に引越してきました。

1-pax0493

PAXのパーツが新しい部屋に置かれています。

2-pax0494

 

 

ここでも、ダウンロードした説明書を視るのが大切。

失敗を少なくして、短時間で完成することが出来るからです。

 

 

 

組立を行うスペースを確保するのも大切な要素。

3-pax ikea0497

このように、フレームを寝かせて組み立てるスペースが欲しいです。

5-pax ikea0501

約1時間で、無事にPAXの再組立てが完了しました。

これで、子供部屋の衣類収納が無駄なくカイテキに増えました。

↓クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 インテリアブログ IKEAインテリアへ
にほんブログ村

craftmans

商空間やインテリアのPM(プロダクトマネジメント)が専門。趣味でDIYアドバイザーや住宅電化アセッサーの資格を持ち、DIYノウハウや新しい店舗情報などをブログに綴っています。 週末はDIYと買い物と食べ歩き。 DIY/手作りウッドデッキ/IKEA/台湾/伊豆七島 新島/社会起業家/ラブラドール/北海道釧路市出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です